いくら収入が多くても、クライアントの信用を得ても、フリーエンジニアの社会的信用度は低い

フリーエンジニアその実態に迫る!

最新の記事

フリーエンジニアは社会的信用度が低い

フリーエンジニアは社会的信用度が低い 会社員として生活している上で、「社会的信用」を意識させられることは、ほとんど無いのではないかと思います。しかし、フリーエンジニアになると、この「社会的信用」というものの影響力を思い知らされ、悔しい思いをする場面があるかもしれません。会社員(サラリーマン)というだけで得られる社会的信用度の高さとその重要性を、あらためて認識することになります。

■クレジットカードの審査が通らない?

会社員であれば、収入が少ない新卒社会人であってもつくれるクレジットカードも、個人事業主というだけで審査が通らない場合があります。会社に所属しているということで身元の確認がとれること、毎月一定の収入があることから、会社員は社会的信用が高いのです。フリーエンジニアになると、プライベート用のカードと、事業用のカードをわけて使うことで経費計算がしやすくなるなど、クレジットカードは複数持っておいた方が何かと便利です。フリーエンジニアになるなら、退職する前にクレジットカードを作っておくと良いでしょう。また、今持っているカードの限度枠を引き上げておくのもオススメです。

■ローンが組めない?

社会的信用とは、簡単に言えば、金融機関が融資をしてくれるかどうか、という基準のようなものです。個人事業主としてどんなに稼いでいても、金融機関は、半分の年収しか稼いでいない会社員の方にお金を貸します。多額な借金となる住宅ローンはもちろん、車のローンなども通らない場合があります。住宅ローンを組めば十分家を買えるだけの収入があるのに、審査が通らないために、賃貸住宅に住み続けている個人事業主も少なくありません。住宅ローンを返済している最中に、個人事業主になり、返済の遅延などは一度も無いにも関わらず、いざ借り換えをしようとしたら断られたなどという事例もあるようです。

■好きな部屋に住めない?

マンションやアパートなどの賃貸借契約でも、オーナーの審査に通らず入居を断られたり、入居条件として保証人や保証会社の保証付であることを求められるなど、会社員の時には想像もしなかったような苦労を強いられる場合があります。せっかく気に入った部屋を見つけても入居を断られるという悔しさは、会社員では味わうことのない屈辱感です。

■社会的信用が欲しいなら会社員が一番

社会的信用と、ビジネスで培った信用とは、まったく別のものです。あなたがどんな人であるか、働きぶりはどうか、そんなこととは関係なく、個人事業主であるというだけで、社会的信用は低い扱いを受けてしまいます。個人事業主として1000万円以上の年収を安定して稼げるようになっても、上記のような社会的信用の低さはつきまといます。法人化して起業し、社長になったとしても、入社1年目の新人社会人よりも社会的信用は低いと思った方が無難です。社会的信用が必要であれば、サラリーマンの地位は手放さない方が良いでしょう。

最近の記事

フリーエンジニアとしての独立を考える

会社組織に縛られず、フリーランスで活躍するフリーエンジニアが増えてきています。このまま会社員として働き続けるか、スキルと経験をいかして思い切って独立するか。体ひとつで稼げるエンジニアなら、一度は考えるテーマかもしれません。独立を考えるなら、フリーエンジニアになって何をしたいのか?を考えておくことも大切です。 続き

フリーエンジニアの高額案件

フリーエンジニアの案件募集を見ていると、中には月100万円など、驚くような高額案件があります。相応の高いスキルと経験、実力を備えるエンジニアであれば、会社員の月給としては考えられないような高収入を得ることも可能です。仕事の難易度や質量に見合う高額報酬を得られることはフリーエンジニアのメリットです。 続き

フリーエンジニアは社会的信用度が低い

フリーエンジニアは社会的信用が低いということは、聞いたことがあるかもしれません。しかし、社会的信用度で困ることのない会社員にとって、社会的信用が低いと何が困るのかもピンと来ないのではないでしょうか?社会的信用が低いことによる弊害について紹介します。人によっては、これが致命的なデメリットになる場合もあります。 続き

おすすめの記事

フリーエンジニアの将来性

フリーエンジニアの将来性について、フリーエンジニアをとりまく環境と時代の流れ、そしてフリーエンジニアならではのキャリアパスの描き方という、大きく2つの視点から考えてみましょう。将来を見据えて進みたい方向性と、そこへ向かうための道筋を自分自身で決めて動けるのは、フリーエンジニアの利点でもあります。 続き

フリーエンジニアならではの長期休暇

会社員として働いていると、なかなか思うようにはとれない長期休暇。エンジニアという仕事柄、長期休暇どころか盆暮れの休みさえまともに取れないという人も中にはいると思います。フリーエンジニアなら、自分次第で、案件の合間に長期休暇を取ることも可能。自分の時間を、自分でコントロールできることも、フリーエンジニアのメリットです。 続き

フリーエンジニアの事務作業の手間

エンジニアの仕事に専念したくても、専念できないのが、フリーエンジニアというものです。個人事業主である以上、営業活動から事務作業、経理処理まで、会社なら部門ごとに役割分担して処理しているような業務を、全て自分ひとりでこなさなければなりません。営業活動や事務処理は、フリーエンジニアにとって予想以上に負担になります。 続き

page top

フリーエンジニアその実態に迫る!

Copyright © 2014 フリーエンジニアその実態に迫る! All Rights Reserved.