フリーエンジニアならではの長期休暇。プロジェクトの合間に旅行やスキルアップの勉強を

フリーエンジニアその実態に迫る!

最新の記事

フリーエンジニアならではの長期休暇

フリーエンジニアならではの長期休暇 フリーエンジニアは時間が自由になってうらやましい!そう思っている会社員エンジニアも多いでしょう。実際、フリーエンジニアは時間に拘束されることがないため、自分自身の調整次第で、好きなタイミングに長期休暇をとることもできます。自分の時間を自分でコントロールできるということは、大きなメリットと言えるでしょう。

■会社員とフリーエンジニアは、報酬の対象が違う

会社員は、毎月決まったお給料をもらえるかわりに勤務時間を拘束されます。決められた曜日の決められた時間帯は出社し、拘束される。それが、会社員という働き方です。拘束されている時間内の仕事量や密度、濃度に関わらず、同じ給料が支払われます。長期休暇をとりたいときは有給休暇などの制度を使い、周囲の空気も読みながら、会社にお伺いを立て、ようやく休みがとれるかどうか。自分の時間でありながら、自分で自由にコントロールすることはできません。
これに対し、フリーエンジニアは、契約内容にもよりますが、基本的に時間を拘束されることはありません。成果が全てです。どんなに時間をかけて必死で働いても納期までに成果が出せなければアウトです。逆に言えば、30日相当分の仕事を1日で終わらせることができるなら、残りの29日は自由にしていても誰にも文句は言われません。

■時間を自由にコントロールできるメリット

フリーエンジニアは、働く時間も、仕事量も、全て自分自身でコントロールすることが可能になります。たとえば、旅行代が安くなる時期に長期休暇をとって海外旅行に行きたいなと思ったら、その時期をはずして案件をとるようにすれば良いわけです。案件と案件の合間に何をしていようが、誰に遠慮することもありません。集中して働いたら、集中して休む。そんな理想的なライフスタイルも、自分次第で実現できます。また、スキルアップのための勉強や留学のためにしばらく時間をとりたいという場合でも、やはり自分次第でスケジュールを管理することが可能です。仕事も私生活も思い通りにコントロールできる生き方は、精神的な充実感とゆとりをもたらします。

■仕事がないときは、長期休暇と割り切る

フリーエンジニアとして働いていく中では、何をどう動いても仕事がとれないタイミングもあるものです。仕事がとれないというのは、フリーエンジニアにとって不安と焦りでいっぱいになるものですが、そんな時には思い切って長期休暇と割り切ることもできます。いつまでも休んでいては、そのまま開店休業になってしまうので、メリハリをつけて、リフレッシュしたらまた完全オンモードで全力疾走する。そんなメリハリを自分でつけていくことが大切です。

最近の記事

フリーエンジニアとしての独立を考える

会社組織に縛られず、フリーランスで活躍するフリーエンジニアが増えてきています。このまま会社員として働き続けるか、スキルと経験をいかして思い切って独立するか。体ひとつで稼げるエンジニアなら、一度は考えるテーマかもしれません。独立を考えるなら、フリーエンジニアになって何をしたいのか?を考えておくことも大切です。 続き

フリーエンジニアの高額案件

フリーエンジニアの案件募集を見ていると、中には月100万円など、驚くような高額案件があります。相応の高いスキルと経験、実力を備えるエンジニアであれば、会社員の月給としては考えられないような高収入を得ることも可能です。仕事の難易度や質量に見合う高額報酬を得られることはフリーエンジニアのメリットです。 続き

フリーエンジニアは社会的信用度が低い

フリーエンジニアは社会的信用が低いということは、聞いたことがあるかもしれません。しかし、社会的信用度で困ることのない会社員にとって、社会的信用が低いと何が困るのかもピンと来ないのではないでしょうか?社会的信用が低いことによる弊害について紹介します。人によっては、これが致命的なデメリットになる場合もあります。 続き

おすすめの記事

フリーエンジニアの将来性

フリーエンジニアの将来性について、フリーエンジニアをとりまく環境と時代の流れ、そしてフリーエンジニアならではのキャリアパスの描き方という、大きく2つの視点から考えてみましょう。将来を見据えて進みたい方向性と、そこへ向かうための道筋を自分自身で決めて動けるのは、フリーエンジニアの利点でもあります。 続き

フリーエンジニアならではの長期休暇

会社員として働いていると、なかなか思うようにはとれない長期休暇。エンジニアという仕事柄、長期休暇どころか盆暮れの休みさえまともに取れないという人も中にはいると思います。フリーエンジニアなら、自分次第で、案件の合間に長期休暇を取ることも可能。自分の時間を、自分でコントロールできることも、フリーエンジニアのメリットです。 続き

フリーエンジニアの事務作業の手間

エンジニアの仕事に専念したくても、専念できないのが、フリーエンジニアというものです。個人事業主である以上、営業活動から事務作業、経理処理まで、会社なら部門ごとに役割分担して処理しているような業務を、全て自分ひとりでこなさなければなりません。営業活動や事務処理は、フリーエンジニアにとって予想以上に負担になります。 続き

page top

フリーエンジニアその実態に迫る!

Copyright © 2014 フリーエンジニアその実態に迫る! All Rights Reserved.